看板材料は信州の赤松、書は安曇野市在住の書道家にお願いしました。
- 社名由来及びご挨拶 -
信州安曇野での、弊社の活動のさらなる定着と発展を目指し、 名称を「安曇野气船」とすることに致しました。
熱気球を愛するメンバーと共に、この安曇野で熱気球という「船」を空に浮かべるという事は、 遠い昔、安曇族が玄界灘より船にてこの地に辿り着いたルーツに重なり、 また「气」の語源は、祖先の人達が蒸気の立ち昇る様を見て描いたもので「气・気・汽」となったとのこと「感性と夢の乗り物である熱気球」に相応しいと考えました。
熱気球を通じ幅広く、数多くの皆様に楽しんでいただけるようメンバーと共に励んで参ります。
これからも引き続き、倍旧のご厚情を賜りますよう切にお願い申しあげます。

 
 

                                                                   平成19年3月19日
                                                               Something Wonderful !!   安曇野气船  代表   宮原     毅

history